案内する男性

アベノミクスによる株価上昇や円安傾向、地価の値上がりにより資産運用を考える方が増え、これまで資産運用を行なったことがない投資初心者の方が増えています。
これにより、最近良く安定した資産運用として不動産投資が紹介されています。
不動産投資は不動産管理等は不動産会社が代行してくれるので、初心者でも簡単に始めることができるとして注目されています。
特に現在のトレンドは、海外への不動産投資です。
海外の不動産投資の方法は幾つか種類がありますが、まずは海外の物件の購入で、賃貸物件として貸し出すというものです。
管理は不動産会社が行なってくれるので安心して利用でき、購入する国もリゾート地を選ぶことでコンドミニアムなど中期的な滞在者向けに貸し出すことで安定的な収益を図ることができます。
購入者の多くは、20代から40代からの若い世代が多く、安定的な収益と老後に備えた資産運用として活用されています。
次は、物件を購入するのは同じですが、購入する先はホテルです。
ホテルの一室の権利を購入することで、利用していない時はホテルとして貸し出すことができ、貸した時にはその利益の一部を得ることができます。
特にハワイなどではこのサービスは一般的となり、人気となっています。
三つ目としてタイムシェアです。
年間で一週間の滞在権利を持つ制度で、初心者でも簡単に行える資産運用として注目されています。
しかも一度、購入すると半永久的に権利を持つことができるので、安心です。
また、人に貸し出すことも可能で、その手続きもタイムシェアの会社が代行してくれるので初心者でも不動産投資として活用している方が多いです。
このタイムシェアの購入者は比較的、中高年層に人気があります。
このように多くの方が国内の不動産投資よりも海外への不動産投資を考える方が多くなっています。
これは、海外のリゾート開発が活況していたり、日本人の海外進出が多いことで不動産の需要が高まっていることが考えられます。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031